自然の中で遊び、学び、楽しめるアウトドアリゾートへ!新規事業に携わる管理人を募集。

 

※この記事の管理人の求人は募集を終了されました。パートタイムの求人は継続しておられます。

 

 

丹波市では、市民の方々が主体となって様々なイベントが催されていますが、そんな地域の方達のイベントで賑わうキャンプ場があります。地元の方々をどんどん巻き込んで丹波の魅力を発信するキャンプ場「丹波悠遊の森」さんが、新たに福知山市の物件の指定管理を受け、さらなるチャレンジをされるという事、またその新規事業に一から関わる人材を募集しているとの事で、インタビューしてきました。

 

———————————————————————————————————————

・指定管理者不在で運営できなかった施設。復活への挑戦。

・ログハウスの新設やBBQのプラン。アウトドア好きな方にぴったりです!

・地域を上げての取り組み。村の様々な方々とつながり、施設を育てていく仕事。

———————————————————————————————————————

 

 

 

一丸となって取り組む、新しいプロジェクト。

 

 

 

本日は、新しい施設のプロジェクトに取り組む、花田さんにインタビューしてきました。

 

 

 

花田さんは、現在「丹波悠遊の森」さんのスタッフとして、アウトドアコーディネータとして活躍されています。そんな花田さんが、今回新しく施設を運営するというチャレンジに至ったのには理由がありました。

 

 

元々は、どのような経緯でこのお話を受けられたのでしょうか?

 

「(株)丹波悠遊の森協会」は元々、丹波市にある「丹波悠遊の森」というキャンプ場施設を指定管理で運営するために出来た会社です。私が入社する数年前には、行政の財政状況もあり、指定管理料が減ってきて、施設の利用自体も減っていたにも関わらず、運営にかける予算を変えずにやってきた結果、閉鎖の検討まで出ていた施設です。

その後、経営陣、スタッフを一新し、ギリギリのところまで、経費も削る方向で進み始めたタイミングで私は入社しました。当時は施設内のレストラン「ベルピーマン」の名前は知っていても、「丹波悠遊の森」という名前は地元においても、ほとんど知られていない・・・。そんな施設でした。

 

大変なこともたくさんありましたが、地域の方やたくさんの方のご協力をいただき、一緒に作り上げていきながら、継続していくことができ、話題のイベントもたくさん出ました。そして、ネット予約のシステムを入れるという追い風も受け、利用はどんどん増えてきて、現在の悠遊の森があります。

そんな中、この「京都大呂ガーデンテラス」の指定管理のお話を頂き、施設内を見学させていただいたところ、ほんとに素晴らしい施設でした。かといって、悠遊の森の利用者が増えているとはいえ、人員も予算も乏しい中、新たな施設を運営するのは難しい状況です。迷いながらも、上司と経営陣に相談しました。

「できると思うなら応募してみたらいい。」そう言って背中を押してくださいました。

 

 

約3,7億円をかけて新築した施設。ロケーションも良く、落ち着ける空間です。

 

 

「応募して、選ばれなかったら、やるべきでないだけだし、選ばれたらやるべきなのだ。」

自分でもそう思い、応募にチャレンジした結果、私たち「(株)丹波悠遊の森協会」が選定されました。

 

 

大きなチャレンジですね、 どちらかと言うと、立ち上げを一緒にやってくれる人材を募集するようなイメージでしょうか。

 

そうですね。人員もこれから、資金もこれからの中、困難な挑戦かもしれません。しかし、4年前にも悠遊の森には人員も資金も何もありませんでした。

そこからここまで作ってきたのです。

今回、私たちには、何もない所から、チャレンジして、培ってきたノウハウがあります。

そのノウハウを活かして、一緒に新しい施設を盛り上げてくれる方と一緒に働きたいと思っているんです。

 

 

 

 

今後、会社として目指していきたいビジョンはありますか?

 

この「京都大呂ガーデンテラス」という施設のお話だけではありません。現在の日本は、過去の成長の時代と違い、どこの自治体も予算の削減されていく時代になりました。そんな中、まだまだ利用できるにも関わらず、利用されなくなった施設が少なからず出てきています。

お金がないからできないなんて、行政に頼ってばかりすることをやめて、自分たちで何とかしなければ、老朽化も進み、負の遺産となるだけなのです。

目の前に与えられた現実にしっかりと目を向け、そこに新たに命を注ぐ。私たち一人一人が自分の足で立っていく覚悟をして、諦めず前に進み続ければ、必ず達成できるはずです。

そうやって、一つでも救われる施設を増やしていきたいという想いが、私たちにはあります。

 

 

 

 

約3,7億円をかけ新築した、素晴らしい施設。

 

 

全国的にも珍しい、天然芝のグラウンドゴルフ場が整備され、地域内外からお客様が訪れています。こういった既にあるコンテンツと一緒に、新しい価値を考え、付加価値を生み出していくお仕事になります。

 

 

 

 

花田さんは、「丹波悠遊の森」で「丹波BBQ協会」を発足、本格的なBBQを宿泊のプランに盛り込んだり、BBQ検定等のイベントでアウトドアの楽しさを企画を通して発信していったりする事も、お仕事にされています。

 

大呂ガーデンテラスでは、グランピング利用をしていただける様な素晴らしい施設とともに、今後ログハウスを新設していく予定です。その他、BBQのプランや様々な企画で、新しい価値を生み出していくお仕事に興味がある方がいらっしゃったら、本当にぴったりだと思うし一緒に働きたいなと思います。

 

 

 

 

今後こうやって、素晴らしい施設を作ったものの、活用されずに取り残されている物件は出てくる事でしょう。「丹波悠遊の森」、そして花田さんには、何もない中から企画の力でお客様が楽しめる場所作りをしてきたノウハウがあります。これからの動きにも目が離せない「丹波悠遊の森」。そんな新しい施設を取り仕切り、経営者に近い立ち位置で管理人として活躍する未来は、とても魅力的な仕事に映りました。

 

たんばの仕事へのお問い合わせ

お名前
フリガナ
メールアドレス
メールアドレス(確認)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご年齢
性別
男性女性
お問合せ内容
お問合せいただく前に、当サイトが定めるプライバシーポリシーをお読みください。
メッセージ送信をもちまして、自動的に同意したものとさせていただきます。

 

 
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    実直な農業を。ap bank が立ち上げた農業法人で、農業人を目指す。農業生産法人 株式会社耕す

    あのap bankフェスを開催する一般社団法人APバンクが立ち上げた、農業法人が丹波市にあります。関…
  2. 2018-3-30

    丹波の素材を使って丹波のおもてなしを。料理が好き、つくる事が好きな方を急募。錦州亭

    丹波市には、関西池田記念墓地公園という約7万基のお墓を収容した墓地公園があります。丹波市の中心市街地…
  3. 2018-3-14

    丹波市のお悩み相談所。法律の事ならここに相談!弁護士法人 近畿フロンティア法律事務所

    身体の悩みをホームドクターに相談し、心が軽くなった経験はないでしょうか。暮らしの悩みもまた、生きてい…
  4. 2017-9-1

    自然を活かし、自然の中で。スタッフ自ら考えつくり上げる空間に、口コミで広がる人気のキャンプ場。

    丹波の豊かな自然を求めて、関西の都市部から多くのお客さんを呼び込む森のキャンプリゾートが丹波市にはあ…
  5. 2017-8-20

    オーダーメイドの防音室・日本No.1シェア。女性経営者ならではの働きやすい職場づくり。

    広い敷地に自然豊かな環境。それでいて都市部から程よい距離にある丹波市には、大きな…
  6. 2017-4-18

    伝統的な製法で醸す酒。「人」と共に原料から造る丹波の銘酒

    日本海と瀬戸内海に流れる川の最上流に位置する「中央分水嶺」が通る丹波市。古くから…

よく読まれている記事

  1. 着物の仕事というと一見華やかな印象があります。しかし、裏ではお客様の目に見えない大きな苦労があるそう…
  2. 丹波市の氷上ICから車で10分ほど。田園風景が広がり、加古川の上流に位置する清流が流れるすぐそばに、…
  3. あのap bankフェスを開催する一般社団法人APバンクが立ち上げた、農業法人が丹波市にあります。関…
  4. 兵庫県は、全国で90数パーセントのシェアを持つ、釣り針の産地です。その中でも丹波市では、山南町という…
  5. ※この記事の管理人の求人は募集を終了されました。パートタイムの求人は継続しておら…
  6. 自然豊かな環境で趣味の時間を過ごそうと、都市部から丹波市に来られるかたも多くいら…

アーカイブ

ページ上部へ戻る