ジョイランド(強いチームワークが武器!お客様視点の接客を心がける、地域の総合カーディーラー)

丹波市の春日ICから車で5分ほど走ると、目に留まる赤い看板を掲げた車屋さんが今日の舞台。暮らしに欠かせない車のお悩みを解決してきた総合カーディーラー、株式会社ジョイランドさんへお話を聞きに行ってきました。

 

 

 

———————————————————

・地域に残る事業を。自転車販売から決死の努力で自動車業界に参入

・主役はあくまでお客様。丁寧な対応で、安心、満足のカーライフサポートを

・情報はどんどん共有。強いチームワークを活かし、スタッフ総出で心地よいお店づくり

———————————————————-

 

 

 

 

今回のインタビューで、お店をご案内してくださったのはジョイランド店長の池田さん。

 

 

 

 

地域に残る事業を。自転車販売から決死の努力で自動車業界に参入

 

 

自動車産業の参入までの道のりについて、教えてください。

 

現社長がおもちゃ、レンタル、飲食事業などを展開していたのですが、地域に生き残っていく企業を目指し、自転車販売に力を入れはじめ、平成18年の秋まではサイクルベースあさひに加盟をして3店舗運営していました。

それだけではやっていけないということで、自動車販売整備業に新規参入しようと始めたのが同じく平成18年。10月に店舗をオープンする計画でしたので、それまでに準備に動きました。

それまで自動車屋さんをしていましたし、扱う商品を二輪から四輪に変えてもお客さんにしている会社は全国的にも多いことを知り、自動車をやってみようかということで、父と二人、死に物狂いで車の勉強をしました。
父は販売の修行に行き、私が買い取りの修行に半年間行きました。これは実際お店がオープンする4カ月前くらい前ですね。

 

 

お店づくりのコンセプトは?

 

修行が終わって、どういうお店にしようか考えた時に、地域で多いのは軽自動車なので、軽自動車販売店という形にし、間口を広げて遠くからも来てもらえるようなお店にしょうと決めました。

また、土曜日、日曜日にお店が開いていないとか、女性が一人で行きにくく感じるとか、そういった車屋さんが多いと感じていた事もあり、女性が来やすい店づくりと、丹波市で多く走っている軽自動車にフォーカスしたお店づくりを行いました。

 

 

 

 

 

実際にお店をオープンされた当初はいかがでしたか?

 

オープン当初は、車を仕入れて販売だけを行っていて、整備は別の車屋さんにお願いする形で運営していました。

オイル交換もお受けしていましたが、近隣のガソリンスタンドに持ち込んで交換してもらったものをお客様にお返ししていました。ただ、やはり販売を行っているだけではお客様のフォローをしきれない事を感じる事もありましたし、実際お客様からのご要望もいただいたことをきっかけに、整備工場を併設することにしました。

最初はオイル交換だけをする小さい工場、その後、軽整備が出来る工場になり、重整備になるとベテランの経験者が必要になりますので、その体制が整ったのが5年程前ですね。

 

 

 

徹底したお客様視点。丁寧な対応で、安心、満足のカーライフサポートを

 

 

スタッフのみなさんもそうですが、店内も明るく元気なイメージが伝わってきますね!お店の特長や強みはどういったところにありますか?

 

やはり、女性のお客様をターゲットにしたお店の雰囲気作りは意識しています。

また、企業ビジョンに沿った私たちのお店の特長を挙げますと、
・女性が多いこと
・一人でも入りやすい雰囲気作り
・日曜日、祝日も営業
など、お客様の利便性を考えた、ディーラーに近いお店作りをしている事があります。

あとは、従業員の元気ですね。
今アファメーションを取り入れ、朝礼に力を入れていて、朝から「俺たちならやれる!」みたいな宣言を5回くらいやっています(笑)それでハイタッチをして終わる。そういうチームワークが強みですね。

朝礼は必ず行っています。
朝一番の元気がないと。9割潜在能力を引き出して目標をクリアしてもらうためには限界を超えてもらわないと伸びないと思うので、アファメーションを取りいれた朝礼が1つと、2つ目は環境整備。
毎月担当者がお店を綺麗にしようと3S(整理・整頓・清掃)をやっています。気付いたところは担当者が改善していくというようにしています。常に綺麗に保つために環境整備は大事かなと思います。

お客様を大事にする、という観点では「感謝・感激・感動を伝える伝道師になる」ということが一番の強みですね。接客はとても大切にしています。

 

 

 

 

※アファメーションを取り入れた朝礼の様子

 

 

 

チームワークが強みとのお話がありましたが、働き方の面ではどの様な工夫をされていますか?

 

常にお客様アンケートを取っていて、フロント(車検の受付)、整備担当のスタッフはいつもお客様と対話をするお仕事ですので、その場でアンケートを取らせていただいています。
お客様の声は常に聞こえているので、親切だった、丁寧だったというお声を常に従業員が見ることが出来るというのはいいところだと思います。

 

 

 

 

 

整備士の方やスタッフ全員インカムをつけていらっしゃいますが、どのような目的があるのでしょうか?

 

何かスタッフ間でお願いをすることがあった時、誰が誰にお願いをしているのかというのはその2人にしか分かりませんが、インカムを使い全員で情報共有する事によって、その子が居ない場合でも他の者がフォローに回れるなど、迅速に対応できるので、積極的に活用しています。

その先を見つめて事業を進める。幅広い活躍ができる人財にも期待

 

 

今後の展望についてお聞かせ下さい

 

一番は、ジョイランドにはSICというワンストップサービスがあります。
「ジョイランドは車に関すること全てをサポートしていきます」と、販売だけではなく車検も、整備もしますよといったサービスですね。
また、車検を受けていただいた後に、後日整備というのがありまして、何ヶ月後には◯◯を変えてくださいね。と次の車検までにすることもフォローアップしていきます。という体制を構築しています。

購入サポートでいうと、ローン関係以外もお客様の情報をいち早くここで集約して、色んな所で販売・整備・保険を連携が取れるようにサポートする部署があります。

板金塗装や、カーエステの点では、女性のお客様はご自身で車を洗われたり、コーティングされたりということがあまりなく、旦那さんにしてもらう、友達にしてもらうという方が多いんですね。
今後は、私たちがお受けするだけでなく、お客様に気軽にジョイランドに来てもらって、ご自身でそうしたメンテナンスをしていただける仕組みや設備を作っていきたいと考えています。

また、レッカーサービス・代車というのも勿論の事、自動車保険に今一番力を入れています。
通常、事故が起きたら加入している保険会社に連絡をし、車を購入されたお店に連絡をする…同じ事を二回しなければならないですし、そういった手配もお客様が行わなければいけない。
そうした自動車保険に関する手続きを、ジョイランドに電話してもらえば保険会社に連絡しますよとか、レッカーの手配、板金の依頼など全部一度で出来る体制というのは、お客様からすると利便性が高いと感じていただけてると思います。

後々には、企業ビジョンでもある「一大拠点を作る」の実現という事で、ご来店いただいたら何でも揃う、車のことを何でも相談しようという、田舎ならではというか、地域に密着したサービスを展開したいです。
ディーラーだと、車検は受け付けるけど、特定のメーカーの商品しか扱っていない現状がどうしてもある中では、他社が行っていない取り組みをいち早く実現していくのが、私たちに出来る事だと考えています。

 

 

 

ここで、ジョイランドさんで働かれているスタッフさんを代表して、カーライフアドバイザーの伏田さんにお話をお聞きしたいと思います。

 

 

 

今はどういった業務を担当されていますか?また、働く上でのやりがいを教えてください

 

この会社に入社して2年、営業職をしています。主に店内でのお客様の対応をしています。
前職は、違う会社で整備をしていました。そこでは整備がほとんどで、営業は少しだけ担当していました。

ジョイランドでは、様々なお客様が来られ、色々な刺激がもらえるのでおもしろいと感じています。
また、働くスタッフが12人と多くチームワークがあります。ベテランの方も多くいらっしゃるので様々な事を教えてもらえています。そこは自慢です。

やりがいは、お客様と接する機会が多いので、直接お礼をいただけるという所がやりがいになっています。
他にも、社内の距離が近いこと、お客様との距離も近い事、仕事内容も多角的に色々な事に携われることにも楽しみややりがいを感じています。

 

 

今後の仕事の上での展望について教えてください

 

お客様に名前を覚えていただけるという事が大事だと思うので、ジョイランドの中で名前を呼んでもらえたらと思います。
女性の方も入りやすいお店だと思いますので、販売や修理以外にも洗車などで気軽に寄っていただけたらと思います。
何でも話してもらえるようなお客様の対応に磨きをかけたいです。

 

 

 

 

では、最後にジョイランド店長の池田さんにお伺いします。どういった人財を募集されていますか?

 

整備、フロント、営業と様々な部門がありますが、どの部署にも来ていただきたいと思っています。
整備部門については、60代のベテランスタッフが在籍していますので育ててもらいたいということもあり、若い人に来てもらえると嬉しいです。

他社と違うのは、整備だけではなくて営業したり、フロントだけではなく、整備したりとかマルチに動ける人財が揃っているという事です。
今、営業で販売成績が優秀な子は元々整備をしていた子ですし、営業しか経験のない子は、ほぼゼロ人です。だからこそ幅広い提案がお客様に出来ているんだと思います。

 

 

元気で明るいスタッフの皆さんに出迎えられた今回の取材。
また、今回お話をお聞きしたジョイランド店長の池田さん、カーライフアドバイザーの伏田さんのお言葉のそれぞれに、お客様を大切に思う気持ちを感じました。

強いチームワークで支えられた皆さんに囲まれて様々な経験を積みながら、マルチに活躍する能力を身に着けたい方には、特におすすめできる求人ではないかと感じました。

たんばの仕事へのお問い合わせ

お名前
フリガナ
メールアドレス
メールアドレス(確認)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご年齢
性別
男性女性
お問合せ内容
お問合せいただく前に、当サイトが定めるプライバシーポリシーをお読みください。
メッセージ送信をもちまして、自動的に同意したものとさせていただきます。

 

 
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    実直な農業を。ap bank が立ち上げた農業法人で、農業人を目指す。農業生産法人 株式会社耕す

    あのap bankフェスを開催する一般社団法人APバンクが立ち上げた、農業法人が丹波市にあります。関…
  2. 2018-3-30

    丹波の素材を使って丹波のおもてなしを。料理が好き、つくる事が好きな方を急募。錦州亭

    丹波市には、関西池田記念墓地公園という約7万基のお墓を収容した墓地公園があります。丹波市の中心市街地…
  3. 2018-3-14

    丹波市のお悩み相談所。法律の事ならここに相談!弁護士法人 近畿フロンティア法律事務所

    身体の悩みをホームドクターに相談し、心が軽くなった経験はないでしょうか。暮らしの悩みもまた、生きてい…
  4. 2017-9-1

    自然を活かし、自然の中で。スタッフ自ら考えつくり上げる空間に、口コミで広がる人気のキャンプ場。

    丹波の豊かな自然を求めて、関西の都市部から多くのお客さんを呼び込む森のキャンプリゾートが丹波市にはあ…
  5. 2017-8-20

    オーダーメイドの防音室・日本No.1シェア。女性経営者ならではの働きやすい職場づくり。

    広い敷地に自然豊かな環境。それでいて都市部から程よい距離にある丹波市には、大きな…
  6. 2017-4-18

    伝統的な製法で醸す酒。「人」と共に原料から造る丹波の銘酒

    日本海と瀬戸内海に流れる川の最上流に位置する「中央分水嶺」が通る丹波市。古くから…

よく読まれている記事

  1. 着物の仕事というと一見華やかな印象があります。しかし、裏ではお客様の目に見えない大きな苦労があるそう…
  2. 丹波市の氷上ICから車で10分ほど。田園風景が広がり、加古川の上流に位置する清流が流れるすぐそばに、…
  3. あのap bankフェスを開催する一般社団法人APバンクが立ち上げた、農業法人が丹波市にあります。関…
  4. 兵庫県は、全国で90数パーセントのシェアを持つ、釣り針の産地です。その中でも丹波市では、山南町という…
  5. ※この記事の管理人の求人は募集を終了されました。パートタイムの求人は継続しておら…
  6. 自然豊かな環境で趣味の時間を過ごそうと、都市部から丹波市に来られるかたも多くいら…

アーカイブ

ページ上部へ戻る