豊かで潤いのあるシーンを演出。お庭づくりをする会社「さかたに園」ありがとうと達成感のある仕事。

さかたに園は丹波市市島町にある家庭のお庭づくりや、エクステリア、そして公共施設工事まで、小さなことから、大きなお仕事までを親子二人で行っています。 今から34年前に現在の代表である坂谷勝文さんが丹波市に移住し立上げたそうです。 そんな「さかたに園」のこれまでと、これからについてお話しをお伺いしました。

 

———————————————————————-

・丹波市へ移住。そして起業。現在に至るまでの経緯とは。

・“ありがとう”の感謝が伝わる。形が見える“達成感”のある仕事。

・必要なのは“会社の担い手”これからのさかたに園の挑戦とは。

———————————————————————-

 

 

丹波市へ移住。そして起業。現在に至るまでの経緯とは。

 

30歳の時、今から34年前高校を卒業してすぐに造園の仕事に就きました。

独立をしたいという想いがあり、宝塚で修行をし、「独立するならば8年間は修行を」と言われていましたので8年だけ夜も寝ず頑張りました。

元々、私は鳥取生まれですので、鳥取に帰って家を継ぐ決意をしていましたが、兄が先に鳥取に帰って後を継ぐことになり、私は丹波に来ました。

 

 

 

 

 

丹波市に移住を決めた理由はなんでしょうか?

丹波の方と結婚が決まったことがきっかけです。丹波のことは右も左も分からないので地域のことを知る目的で造園業を営んでいる会社に入社。4年間働きました。

独立のきっかけは勤めていた会社が商売を辞めることになり、会社から不要になった器具・植物を安く分けていだけるということで、それが“独立のきっかけ”になったと思います。

開業後、最初は儲けも少なく借金もあり苦労しましたが、次第に軌道にのり、借金も2年で返済して今に至ります。

 

 

 

 

  さかたに園 代表 坂谷勝文さん

 

当時も今と同じように造園や外構工事を主に事業を展開されていたのですか?

当時は、お得意先を増やそうと、主に花木生産をしていました。段々と需要が減ったので造園業を中心に切り替えました。苦労もありましたが良い人に恵まれ助けられて今までやってこられたと思います。その後、息子が仕事を継ぐと帰ってきてくれて本当にありがたいと幸せに思います。

 

 

 

 

現在は造園のお仕事以外にも、樹木の植え付け、木の伐採・撤去、お庭のリフォーム以外にも、エクステリア工事や公共事業など幅広く受注されているとお聞きしました。

 

造園組合で、青年部を立ち上げようということで声を掛けられ、それがきっかけで様々な分野の仕事を受注することになりました。造園以外の仕事をするという良い経験をさせていただきました。

 

 

 

どういったお仕事が多いですか?

 

基本的には、仕事の内容を見て断ることはしませんね。“頼まれればやる”お客様の期待に答えたいと考えています。最近では、造園、土木、剪定のお仕事が多いですね。

 

 

 

従業員数は何名でしょうか?

 

社長を入れて3名になります。

 

求人についてお聞かせください。どういった方を今回、募集されていますか?

 

さかたに園の仕事に興味があって、やる気のある方が一番ですね。若い方がいらっしゃれば有難いですね。

 

勤務時間についてお聞かせください。

フルタイムで募集しています。勤務時間は8時から17時までになります。

 

休日休暇などは?

雨が降ったら休みなので、週休2日制を採っておらず日曜日だけの休みになります。

 

必要な資格などはございますか?

オートマ(AT)車の運転免許が必須です。採用の段階で必要な免許はそれだけです。

 

 

 

さかたに園 坂谷幸久さん

 

“ありがとう”の感謝が伝わる。形が見える“達成感”のある仕事。

 

仕事内容についてお聞かせください。

最初は私と二人で現場に出て、仕事の流れを理解してもらいます。行く家で作業内容がバラバラですから一つの作業を覚えれば終わりということはありません。その時々に応じた仕事を覚えていただきたいと思っています。ゆくゆくは仕事を任せ、右腕になってもらえたらと考えています。

 

仕事のやりがいというのはどこにありますか?

この仕事の良いところは“お客様との距離が近い”というところでしょうか。「庭が荒れて困っている。」「車の台数が増えるので駐車場を広くしたい。」などお客様の様々なお困りごとを解決して、喜んでもらうということが“一番のやりがい”ですね。直接お客様と接して喜んでもらえる「ものづくりの仕事」という、形が見える仕事なので達成感もあります。

 

 

 

 

ありがとうと言われるお仕事、最初から最後までプロセスを見て実感できるところにやりがいがありますよね。

 

そうなんですよ。物作りが好きで、こういう仕事に興味がある人だと楽しみながら仕事ができると思います。正直にいうと力仕事ですし、しんどい仕事ではあるので「仕事」として選ぶとデメリットも多いです。でも、単純作業ではないので考えて作ったものが形となった時のやりがいは格別です。

私はこの仕事にメリットしかないと思っていますね(笑) この業種は、何年かすると独立する人が多いです。「いつか独立したい」という意気込みで来てもらうのも意識が高くて良いとは思いますが、個人的には“これからのさかたに園を私と築く仲間が欲しい”と考えています。

 

 

必要なのは“会社の担い手”これからのさかたに園の挑戦とは。

 

今後の展望についてお聞かせください。

現在大きく分けて、私と父で現場を分けて仕事をしています。先ほど右腕が必要と少しお話しましたが、ゆくゆくは私が代表となり事業を継承します。

その中で、父の代わりに現場を任せる人材が必要になります。「さかたに園」は小さな会社ですが、だからこそ、互いに責任を持って仕事をし、お客様に喜んでいただけるサービスを提供できるような小回りが効く会社にまずはしたいと考えています。

互いに仕事の上では言いたいことを言う。そんな切磋琢磨できるようなパートナーシップを築くことができればと考えています。

そして近い将来には“変化する時代の流れに臨機応変に対応できる会社”にしたいですね。従業員人数を増やして規模を大きくすることが「これからのさかたに園の目標」です。

 

 

さて皆さんいかがでしたでしょうか?「造園業は楽な仕事」と勘違いされがちですが、 実際のところ重労働も多く、夏は暑く。冬は寒い。辛い仕事も多くあります。

ですが、さかたに園の仕事は辛さを補うだけの“喜びと達成感”がある職場だと感じました。そんなさかたに園で勤め、会社の“担い手”に貴方もなってみませんか?

 

《正社員募集詳細》

求人番号 28130-3897981
求人情報の種類 一般(フルタイム)
事業所名 さかたに園
代表者名 坂谷勝文
所在地 〒669-4315
兵庫県丹波市市島町喜多916-1
職種 作業員
雇用形態 正社員
年齢 59歳以下
就業時間 1)08:00~17:00

休憩時間120分 時間外あり(月平均5時間)

賃金 月給 基本給(月額平均)

180,000円~350,000円

就業場所 〒669-4315
兵庫県丹波市市島町喜多916-1
福利厚生 通勤手当:実費支給 上限あり(毎月5,000円まで)
加入保険:雇用 労災退職金制度:なし

※この求人情報は、ハローワークが受理した求人票から、その一部を抜粋して掲載しています。さらに詳しい情報はハローワーク求人情報をご覧ください。

※内容は、掲載時から変更になっている場合がございます、詳しくはお問い合わせください。

たんばの仕事へのお問い合わせ

お名前
フリガナ
メールアドレス
メールアドレス(確認)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご年齢
性別
男性女性
お問合せ内容
お問合せいただく前に、当サイトが定めるプライバシーポリシーをお読みください。
メッセージ送信をもちまして、自動的に同意したものとさせていただきます。

 

 
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    実直な農業を。ap bank が立ち上げた農業法人で、農業人を目指す。農業生産法人 株式会社耕す

    あのap bankフェスを開催する一般社団法人APバンクが立ち上げた、農業法人が丹波市にあります。関…
  2. 2018-3-30

    丹波の素材を使って丹波のおもてなしを。料理が好き、つくる事が好きな方を急募。錦州亭

    丹波市には、関西池田記念墓地公園という約7万基のお墓を収容した墓地公園があります。丹波市の中心市街地…
  3. 2018-3-14

    丹波市のお悩み相談所。法律の事ならここに相談!弁護士法人 近畿フロンティア法律事務所

    身体の悩みをホームドクターに相談し、心が軽くなった経験はないでしょうか。暮らしの悩みもまた、生きてい…
  4. 2017-9-1

    自然を活かし、自然の中で。スタッフ自ら考えつくり上げる空間に、口コミで広がる人気のキャンプ場。

    丹波の豊かな自然を求めて、関西の都市部から多くのお客さんを呼び込む森のキャンプリゾートが丹波市にはあ…
  5. 2017-8-20

    オーダーメイドの防音室・日本No.1シェア。女性経営者ならではの働きやすい職場づくり。

    広い敷地に自然豊かな環境。それでいて都市部から程よい距離にある丹波市には、大きな…
  6. 2017-4-18

    伝統的な製法で醸す酒。「人」と共に原料から造る丹波の銘酒

    日本海と瀬戸内海に流れる川の最上流に位置する「中央分水嶺」が通る丹波市。古くから…

よく読まれている記事

  1. 着物の仕事というと一見華やかな印象があります。しかし、裏ではお客様の目に見えない大きな苦労があるそう…
  2. 丹波市の氷上ICから車で10分ほど。田園風景が広がり、加古川の上流に位置する清流が流れるすぐそばに、…
  3. あのap bankフェスを開催する一般社団法人APバンクが立ち上げた、農業法人が丹波市にあります。関…
  4. 兵庫県は、全国で90数パーセントのシェアを持つ、釣り針の産地です。その中でも丹波市では、山南町という…
  5. ※この記事の管理人の求人は募集を終了されました。パートタイムの求人は継続しておら…
  6. 自然豊かな環境で趣味の時間を過ごそうと、都市部から丹波市に来られるかたも多くいら…

アーカイブ

ページ上部へ戻る