<たんばで働く インタビュー vol.4>山名酒造 中川さん

求人情報だけでは分からない、働く人たちに迫ったインタビュー企画の第四弾は1716年に創業した老舗企業の「奥丹波」醸造元 山名酒造で働く中川清二さん。夏は農家と花火師、冬は酒造りという旧くて新しい働き方(※)をしながらも「流れに身を任せて生きていたらこうなった」と笑う中川さんにお話を伺ってきました。

(※昔の丹波杜氏の職人の多くが夏に農業、冬に酒造りをする季節雇用でしたが、今は少なくなっています)

 

中川さんのご出身は愛知県名古屋市。震災をきっかけにしてインドやネパールを回りながら1年ほど暮らし、帰国後にその時に出会われた方との縁がきっかけで丹波市へ移住されました。

 

 

山名酒造で酒造りを始められたきっかけは?

 

丹波市に移住してきて草刈りの代行や野菜の配達のバイトとかをしてたんですけど、その時の縁で山名酒造の社長にお会いして、「酒造りしてみぃひんか」と誘ってもらって2014年から酒造りにはいりました。冬の間だけなので、毎年10月から3月末ごろまで働かせてもらってます。

 

山名酒造ではどんなことをしていますか?

 

毎年新しいことを少しずつ任せてもらっていますけど、蒸した米を掘り出したりとか醪の温度測ったり、泊りの仕事も週に1,2回あるので、その時は麹もやったりします。今年からは出来上がった酒を搾る槽(フネ)の担当の「船頭」も任してもらってます。

 

 

船頭とはどんな仕事ですか?

 

船頭は搾りの担当で、酒を搾るために出来上がった酒の醪を槽という機械に入れていく作業なんですけど、槽に乗る時は、バランスをとっていかないとうまく搾れないので、それが難しいです。入れすぎても少なすぎでもダメだし、傾かないようにうまく調整していかないといけないので、そのあたりをコントロールしていくのが難しいです。今年1年やって、やっと感覚を掴んできました。上手にできた時は、嬉しいし、達成感がありますね。

 

 

酒造りを始めた時はどんな印象でしたか?

 

1年目の時は週に2~3回だけ働いていたんですけど、右も左を分からない状態で、分からないまま何とか頑張ってやっていました。それでも続けていけば少しずつ分かってきて、分かれば任されるようになってくるので、毎年新しいことをやらせてもらえてるのは楽しいですね。

 

 

 

実際に酒造りをやってみて大変なことや楽しいことはありますか?

 

正直、キツイことの方が多いっすね。(笑) 朝も5時とか5時半なんで寝るのが好きな僕としては辛いです。(笑) 酒造りは重いもの運んだりしますし、洗いものも多いので手も荒れてくるし…(笑)

それでもできたお酒を飲んで美味しかったよと友人たちから連絡があったりすると嬉しいですね。

 

 

そんなに大変な酒造りが続けられるのはなんでなんでしょう?

 

なんででしょうね。(笑) 夏に自分で酒米をつくってるんですけど、冬にそれを山名酒造にいれてもらって、酒にしてます。その酒が出来た時の嬉しさを知ってしまったからですかね。酒造りをしていくことは誇りに感じる仕事ですし、関わっていきたいなと思ってます。

 

 

酒米を自分でつくって自分で酒にするというのは素敵ですね

 

それでも、プレッシャーも感じますけどね。(笑) 食用の米は自分の食べる分くらいしかつくってませんが、飲む方の酒米は自分の分だけじゃないので、良い米をつくらないと、と思います。その分やりがいを感じるし、気持ちも入りますね。

 

 

 

中川さんが酒造りの中で心掛けていることはなんでしょう?

 

酒造りは、おやっさん(※杜氏のこと・酒造りの責任者)についていく、おやっさんの想いを形にしていくようにと思って作業しています。酒造りは一人で出来なくて、チームでつくるので自分の気持ちが、というより、おやっさんとベクトルを合わせていくような気持ちですね。気持ちは酒にも籠っていくと思うので。

 

 

杜氏さんとの酒造りについての会話で印象に残っていることはありますか?

 

おやっさんが何回か話してくれた「悲しい日にも飲める酒」という話はすごい心に残ってますね。それを聞いてこっそり泣いたこともありました。(笑) 辛い時にも寄り添えるような、癒されるようなお酒という意味なんですけど、楽しい、明るい時のお酒はたくさんあるじゃないですか。悲しい日とか落ち込む時に飲めるお酒もやっぱり必要やと思って、すごい大事やなと思いました。それを聞いたのが4年目くらいの時で、そこから自分の中でも酒造りに対する意識が変わっていったかもしれません。

 

 

 

これから酒造りでやりたいことなどはありますか?

 

自分のお酒をつくってみたいなぁ、っていう思いはありますけど、杜氏になりたいとかは無いですね。(笑) 今のおやっさんを見てて、人生を酒造りに捧げるくらいのすごい想いと迫力があって、自分はあんな風にはなれないなと思います。(笑) でも、農業も酒造りも携わりたいとは思っています。耕作放棄地が丹波でも増えているので、米作りと酒造りをバランスとりながらうまくやっていきたいなと。自分は流れに身を任せて生きてきて、周りの人に恵まれて、そのお蔭で今があるので、このまま流れに身を任せて生きていこうと思っています。

 

 

「キツイっすね」と言いながらも人懐っこそうに笑いながら話す中川さんはとても朗らかな様子でした。人生の流れに身を任せて縁あって行きついた丹波市で、今度は酒の搾り役の船頭として、バランスをとって槽を乗りこなそうとするお姿は、農業と花火師と酒造りという複数の働き方を持つ中川さんならではの人生のバランス感覚を感じました。中川さんの働き方は、旧くて新しい一つの生き方を示してくれているのかもしれません。

    たんばの仕事へのお問い合わせ

    お名前
    フリガナ
    メールアドレス
    メールアドレス(確認)
    電話番号
    郵便番号
    ご住所
    ご年齢
    性別
    男性女性
    お問合せ内容(※ご覧いただいている企業様名をご記入ください。)
    お問合せいただく前に、当サイトが定めるプライバシーポリシーをお読みください。
    メッセージ送信をもちまして、自動的に同意したものとさせていただきます。

     

     
     

    関連記事

    ピックアップ記事

    1. 求人中

      2021-9-4

      これまでもこれからも、山を守り続ける製材所~株式会社木栄~

      丹波市内は約75%が森林に覆われています。丹波市の北東部にある青垣地域に、およそ50年程前から山を守…
    2. 求人中

      2021-7-22

      “紙を超えた紙”でつくり上げる持続可能な世界~柏原加工紙株式会社~

      柏原加工紙株式会社は、日本で唯一となった糸入り加工等、紙の加工に特化した会社です。 創業から60年目…
    3. 求人中

      2021-7-18

      自然豊かな恵みを五感で感じられるこども園~社会福祉法人青垣福祉会 認定こども園あおがき~

      丹波市の北西部にある青垣地域。他の5地域と比較して一番人口が少ない地域であるものの、それゆえに豊かな…
    4. 求人中

      2021-6-8

      車のことなら何でも相談できる、町の小さな鈑金塗装会社~AUTOBODY若林~

      丹波市はとても広く、自動車がないと生活しにくいエリアなだけに、ほとんどの人が毎日車に乗っています。車…
    5. 2021-3-26

      働き方改革で兵庫県から賞を受賞した完全フレックスの職場。管理職候補を募集! -足立商事

      好きな時間に出社し好きな時間に帰る。子どもを幼稚園に送って行ってから、今日はネイルサロンの予約が…

    よく読まれている記事

    1. 求人中
      丹波市の東部にある春日地域。ここに創業97年の老舗石屋があります。時代の流れに沿うために、今まさに企…
    2. 求人中
      柏原加工紙株式会社は、日本で唯一となった糸入り加工等、紙の加工に特化した会社です。 創業から60年目…
    3. 明かりというのは、人の気持ちに大きな影響を与えます。明るさ、色合い、光が入る角度など、微妙な…
    4. 丹波市市島町。丹波市北西部のこの町にとてもユニークなおそば屋さんがあります。オーナーの佐藤さんは定年…
    5. 丹波市の中心部、氷上町へ向かう国道を走ると、おしゃれな外観の建物が見えてきます。ワンフィニさんは、今…
    ページ上部へ戻る