社長対談Movie#7 ARIC 吉原社長

安)こんにちは。たんばの仕事ローカルキャリアオンライン。

本日は、服飾の製造業のARICさんの会社へ伺わせて頂きました。

ARICさんはBEAMSさんとかARROWSさんとか、大きな服飾のメーカーさんの物もOEMで受託して製造などをされている丹波市の会社さんです。本日は社長のお話をいただけると言うことでお時間いただいております。どうぞよろしくお願い致します。

【吉原社長の経歴】

吉)私は元々美術とか若い20代の頃は演劇映画そういったものに関係した仕事をやっていまして、それである程度子供もできて生活があったんで大手の量販店に勤めることにしました。それで、そこでいろんな商品企画とか出店の企画とか企画関係をやったり、海外での商品開発をやっていて42歳位まで12年間その会社に勤めて、辞めて独立をしました。香港に事務所を作って香港から仕事を始めたような感じですね。その頃から中国ラインに入っていって、バックとか帽子とかそういった服飾雑貨の製造を始めました。その頃からのツテで色々と中国にパートナーができたりして、主にその後は量販関係の雑貨を大量に作ってやるような感じですね。

安)ちなみに中国にいかれていたのは何年前位?

吉)30年以上前ですね。まだこの会社が設立してちょうど30年ですか。ちょうどその頃最初はバックだけでやっていたのですが、どういう商売かと言うとサンプルを早く作って注文をもらったら一カ月で納品しますと言うようなスピード。

安)すごいスピード感W

吉)まずそれが1番の売りで。というか他色んなところがあって競争しようと思うと、何で競争するかと言うと値段で競争すると差がないので、「俺たちは時間で競争しよう」と言うような考え方で。全く新規に工場生産の拠点を作るわけですから、それらができる人たちを集めて中国で始めました。

【ARICの歴史】

吉)吹田に場所を借りていますが、本当高いんですよね。200坪の場所を借りたら、それこそ100万円ぐらいはかかる。丹波市のこの土地がちょうど空いているというか、私の先祖からあった会社が平になった時に、ここに工場を作ろうと。それで始めたんです。だけど、これも全くここで物ができるかと言うとここまで職人さん来てくれって言ってもなかなか来てくれないですよね。だから最初から機械化して、吹田でメーカーがしたものをこちらで裁断する。それを自動ミシンを使ったり自動機を使って組み立てると。それをパートさんでやってもらうということで、それでパートさんでも作る仕組みを考えたんですね。

【これからのARICについて】

吉)この工場をどう維持していくかと言う中で、前のように注文があれば維持できるけれども、できないのであればこれだけの設備をどうしていこうかと言うことから、有効に使うには自分のところで考えるよりも使いたい人に使ってもらうと言うことを考えた方が良いのではないかと。

安)なるほどそういう事業転換を今考えていると言う事ですね。

吉)それで、もしこういう機械を使ってものを作り出したい人がいると言うのであれば、この中で事務所も使えますし何か色々できると思うので、それをできないかなと。

私共も社内で自分でお店というか、自分で情報発信をしながら人が集まる場所を作りたいと言う様なことが、女性の社員から声が上がって。じゃぁそれやってみたらと言うことでやっているのが今の店ですね。

【ARICで仕事ができる?】

安)実際その機械を、例えばアイデアを持ってきた人が作ってくださいと言うパタンでもOK?

吉)ええ。うちでは使えるミシンがありますから、大体今もやっていますけれども、若いデザイナーがこういうものを作りたいんだけどって話があって。じゃあ、まず絵を書いてもらって。かなりこだわりがありますけれどもうちでサンプル作って、これでどうですかと。

物が意外と割高にはなるけれども、ニュアンスに合わせて作っているものだから、やっぱり30個とか50個とか。小ロットでやっています。

安)例えば大阪とか神戸とかで、デザイナーとかプロダクトデザイナーとしての経験を積んでから、例えばUターンで戻ってきたとして製造をやってくださいと言う事はできるんですか?

吉)そうですね、それはできます。恐らく自分で何か始めようとした場合、この業界にいたらよくわかるんですけれども、どこかに頼むか、あるいは自分でやるって言ってもミシン一台二台で自分でコツコツ作る人もいます。それは立派だと思いますけれども、大抵どっかで注文取ってきてやろうとした時にどこで作ろうかなとなる。だからその時にね、ここだと機械はある、使える人間もいる、教えてくれる人もいる。そういう環境がありますから、僕はやっぱりやりたい人がそういう形で何かしらを作っていこうと言うのだったら、それが1番良いのではないかと思いますね。

安)例えばなんですけれども、アイデアもあって自分が作りたいって言う人が機械だけ貸してもらうとか?

吉)それもできます。まぁだからまた細かくね。全くタダと言うわけにはいきません。どうするかは決めていません。今やってみてどんなもんかと。だけれども、そんなにうちはそれで儲けようと言うよりも何かこの場所を生かしたいだけだから。だからうち自身も、だんだん人数も減りましたけれども自分たちで減った分は自分たちで作っていく。それで新しく来た人も機械の使用料とか電気代とか発生しますから、そういったものもできるし。

安)まぁじゃぁその花形を作ったりとかするよりも、データーで残すからコストも少なくできるということですね。本当いいですね。

吉)だからそういう風に、僕は中国から日本に来る時にそればっかり考えていましたからね。かなりそちらの方で金をかけたと思います。

【どんな人と仕事がしたい?】

吉)ただこのコロナで本当に大変で先がはっきり見えないんですけれども、やっぱり今までとは違った新しいことをしないと。新しい事というか違った方法じゃないと、やっぱりやっていけないだろうなと思いますね。

安)都市部でデザイナーさんとかで活躍されていて、こっちに来られると製造の現場の仕事しかないって思っている方も多い結構いらっしゃると思うんですけれども、デザイナーとして来て要は製造は任せてデザイナーとして、このままここで仕事するって言うことも全然できると言う事ですね?

吉)寧ろ今うち営業がいて。今までの営業っていうのはどちらかと言うとOEMの注文をとってくる営業だったんですね。だから向こうのOEMが出すところが有名セレクトショップであったとしても、今もうショッピングセンターから在庫が余っている。新規に考えるところじゃなくて、今の在庫をどうするのかで精一杯なんですよね。注文がまず出ない。それよりも全く違うことを。新しい需要のあるところを開拓できて、そこでデザインできる人がいたら十分僕はやっていけるなと。是非そういうなんで、デザインもそうですし、あるいは自分が作られてもいいし、ここを活用して頂きたい。

安)なるほどそういうことなのですね。ありがとうございます。

本日は、ARICさんの社長にお話をお伺いさせていただきました。例えばですけれども、服飾・革製品もそうなんですけれども、何か自分のアイデアで物づくりをしたい。例えば丹波市に来て、移住してきてものづくりをしたいんだけれども自分でやるところまでは大変だとか、設備を揃えるのは当面先の話かなと言う方は、一度ARICさんに相談してもらえると面白い話ができるかもしれませんので。もちろんこの動画を見てたんばの仕事に相談していただいても構いませんし、ARICさんの会社の方にご相談いただいても大丈夫だと思います。では、本日はどうもありがとうございました。

    たんばの仕事へのお問い合わせ

    お名前
    フリガナ
    メールアドレス
    メールアドレス(確認)
    電話番号
    郵便番号
    ご住所
    ご年齢
    性別
    男性女性
    お問合せ内容(※ご覧いただいている企業様名をご記入ください。)
    お問合せいただく前に、当サイトが定めるプライバシーポリシーをお読みください。
    メッセージ送信をもちまして、自動的に同意したものとさせていただきます。

     

     
     

    関連記事

    ピックアップ記事

    1. 2020-8-15

      社長対談Movie#5〜無農薬農家から広がる里山の可能性。その中心にある人とコミュニティへの考え方とは?〜株式会社竹岡農園・竹岡社長

      安)こんにちは。丹波市の移住定住促進窓口、ローカルキャリアオンライン。本日は笛路村とい…
    2. 2020-8-14

      社長対談Movie#4〜定年後開業した蕎麦屋はネットの口コミで大人気!独立を前提とした雇用のあり方とは?〜そばんち・佐藤オーナー

      安)こんにちは。本日はですね丹波市の方にあります人気の蕎麦屋さん、そばんちの佐藤さんを…
    3. 2020-8-10

      社長対談Movie#3〜BBQ&バーガーで起業!自身もIターンの社長が一緒に働く右腕を募集中!〜株式会社FTP・花田社長

      安)こんにちは。本日はですね丹波市の丹波悠遊の森というキャンプ場の施設のアウト…
    4. 2020-8-9

      社長対談Movie#2〜木材会社から建築施工・そしてオリジナル商品開発へ。木を主体とした、業界注目の丹波発の新しい商材とは?〜イクジウッド株式会社・足立社長

      安)こんにちは。丹波市移住定住相談窓口、ローカルキャリアオンライン。本…
    5. 2020-8-6

      社長対談Movie#1〜300年以上続く酒蔵の仕事。辞めていく従業員が極端に少ないのはなぜ?〜山名酒造株式会社・山名社長

      安)こんにちは。本日はですね300年以上日本酒を作る、作り酒屋の山名酒造の山名…
    6. 2020-1-4

      2拠点・多拠点で居住する?元農水省の官僚が選んだ「自らプレイヤーになる」という選択肢とは??ローカル×キャリア オンライントーク vol.4柚木理雄さん

      柚木 理雄((株)Little Japan代表/Hostel Life代表)…
    7. 2019-12-25

      ローカル×キャリア? 活躍する地方の働き方2020 オンライントーク

      ローカル×キャリア?〜地方でしかできないキャリアアップがあること。地方で活躍する…
    8. 2018-4-10

      実直な農業を。ap bank が立ち上げた農業法人で、農業人を目指す。農業生産法人 株式会社耕す

      あのap bankフェスを開催する一般社団法人APバンクが立ち上げた、農業法人が丹波市にあります。関…
    9. 2018-3-30

      丹波の素材を使って丹波のおもてなしを。料理が好き、つくる事が好きな方を急募。錦州亭

      丹波市には、関西池田記念墓地公園という約7万基のお墓を収容した墓地公園があります。丹波市の中心市街地…
    10. 2018-3-14

      丹波市のお悩み相談所。法律の事ならここに相談!弁護士法人 近畿フロンティア法律事務所

      身体の悩みをホームドクターに相談し、心が軽くなった経験はないでしょうか。暮らしの悩みもまた、生きてい…

    よく読まれている記事

    1. 安)こんにちは。丹波市の移住定住促進窓口、ローカルキャリアオンライン。本日は笛路村とい…
    2. 安)こんにちは。本日はですね丹波市の方にあります人気の蕎麦屋さん、そばんちの佐藤さんを…
    3. 安)こんにちは。本日はですね丹波市の丹波悠遊の森というキャンプ場の施設のアウト…
    4. 安)こんにちは。丹波市移住定住相談窓口、ローカルキャリアオンライン。本…
    5. 安)こんにちは。本日はですね300年以上日本酒を作る、作り酒屋の山名酒造の山名…
    6. 塩沢 友孝氏(楽天株式会社/地域創生事業・ヴァイスゼネラルマネジャー)楽天株…
    ページ上部へ戻る